ネット風評被害を広げさせない工夫

ネットが普及しているご時世、ネット風評被害は絶対だと言ってよいほど実在しています。風評被害自体は内容が嘘やデマなのが大半ですが、だからといってほったらかしにしておくのは禁物です。ネットというのは本当なのかどうかに関わらず、情報の伝達が速いです。なので、高をくくっていると手遅れになりかねません。ただ、だからといって、悲観的になってもいけません。仮によろしくない噂やデマが流されても、広げさせない工夫は実在します。ネット風評被害のもとになる噂やデマが流れていたら、鎮静化させたり、拡大化を防いだりする業者に連絡し対策を取ってもらいます。あらかじめ風評被害に備えてサービスに加入するのも手です。風評被害のもととなる噂やデマを書きこむのは法律に違反しているので警察や相談窓口に連絡するのも良好な手段です。大切なのは根拠のない噂やデマに惑わされたり、屈しない姿勢です。

ネット風評被害は、毅然とした態度で対応を

ネット風評被害は、インターネット上に特定の個人や法人等を誹謗中傷することをいいます。企業の場合、不正をしている所をある社員が証拠として写真撮影をして自己のブログ等にアップロードして公開する場合、これは企業のイメージ低下を招くことになります。ただ、この場合、公共の利害に関する特例として、違法性が阻却されることがあります。企業を中傷する行為が、不正行為を暴く目的で自己のブログ等で公表する場合は刑事上の責任だけでなくて民事責任についても負わなくて済むときがあります。これは、あくまでも公正のためであり、ブログにアップするという行為よりは公共通報制度を活用すると良いでしょう。こういう、違法性阻却事由はさておき、通常、SNS等で個人の悪口を書いたりすることは良くないこととされています。また、違法ではないにせよ、不当な行為となっており、公序良俗に反する行為となります。誹謗中傷等の被害防止は、行為者に行為を止めさせるよう要求することが良いでしょう。ただ、実際には被害者は証拠保全等をして相手に警告をすることによって、風評被害等に対応しています。要するに、証拠収集をして対抗すればネット風評被害はある程度は防ぐことができるのです。

ネット風評被害の払拭について

風評被害の関係者は風評被害の払拭に尽力しています。これらのネット風評被害は、確固たる事実に基づいた情報では無く、憶測の上に成り立っているものがほとんどと言えます。しかし、ネットに書き込まれた情報を見た方達は、少なからず影響されているのではないでしょうか。風評被害の払拭には、これらの根拠のない情報に対して、正確なデータを開示するだけで良いと言えるのでしょうか。やはり、ネット上に出ている誤った情報の一つ一つに対して、正確に答えていく必要が有ると考えます。こうする事で、根拠のない誤った情報が、新たな情報を生み出していく連鎖に歯止めがかかり、事態の収束に一歩ずつ近づいていけるのではないでしょうか。更には、この様な誠意ある対応が評価され、風評被害を受ける以前よりも、信頼を得る事が出来る可能性があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ネット風評被害についてご存じですか