ネット風評被害の現状

ネット風評被害という話題は最近増えてきていて、いちばん問題なのはその情報を削除しづらいということになります。またインターネットの仮想空間に永遠に存在してしまい、検索すると何時の時代でも表示されて知ることができてしまうということで、ある事で失敗してその人がそれを克服して、世の中のためになる人になっていくということは、人間社会ではよくあることですが、そのような場合でも一度ネットでそのことが過去のことであっても強烈に誹謗中傷されてしまうと、それはそのまま永遠に烙印のように残ってしまうのがネット風評被害の最大の問題点ではないかと思います。まるで心の中にそのことが永遠に残るように、インターネットの仮想空間にも残ってしまうようです。その問題点を何処かでシステム的に克服できるようにするのが今の課題ではないかと思ってしまいます。

ネット風評被害の色々な考え方

ネット風評被害ということでは、間違いなく問題であろうと思いますが、一方でなんでも削除できてしまうと、必要な過去の悪い情報までも削除されてしまい、インターネット関係での情報収集でのセキュリティ対策が弱くなるという面もあります。知ることができていれば防御できたのに、昔の悪事などまですべて削除できてしまえば、知って防御するということができなくなります。風評被害ということは言葉では簡単ですが、それがどこまでの被害なのかや、あるいは有効に利用されているということもあるかもしれないということでも、なかなか線引きが難しいのではないかと思います。例えばその人には耐え難いことでも、そのような事実をいつでも見られると、それが教訓になるということもあると思います。被害者からすれば教訓にされてはたまらないということもありますが、社会的には役立っているということもあるということでしょう。

ネット風評被害と匿名性

ネット風評被害では、問題点は匿名で自由に批判や非難ができるということで、普通の社会では自分が不利になることは話すことができませんが、特に人の批判などはなおさらで、主観中心の根拠の無いことも悪口としても口にだすことはなかなかできません。しかしインターネットならばそれが好きなようにできるということで、自分が批判したり誹謗中傷したりすることが事実であろうがなかろうが構わないで書くことができるというのが一番の問題点でもあります。それがひどすぎて警察に逮捕されることもありますが、それはごく一部で、わからないようにいくらでも出来るということも問題点でもあります。また相手がどうなろうと構わないという思いがその書き込みをしている人にはあるので、表向きは正義感のようにしていても、動機を見るとただのその人を利用したストレス発散だったりします。そのようにその匿名性が問題ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ネット風評被害についてご存じですか